【フィットハイブリッド】試乗した評価は?マイチェンで進化したって本当?

下取りには必ず一括査定サイトを使う!!

下取りは、ディーラーに依頼するのではなく、
「一括査定サイト」を使う事がお得に購入する方法です。

一括査定サイトを使うメリットは、
大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競い合ってくれます。

引用:https://xn--q9j3bd8a.com/616/

実際に乗って見ないと分からない。
情報ばかり見ていても実際の所、自分が乗って見て良いと思えるのが一番ですからね。

でも、試乗する時間がない。
試乗をさせてもらえる所が近くにない。

そんな方も入るのではないでしょうか?

そんな事で、試乗にかんする動画や口コミを掲載して行きます。
しっかり自分の求めている車種なのか判断材料としてください。

スポンサーリンク

【フィットハイブリッド】試乗動画まとめ。おすすめ動画をご紹介。

 

如何でしょうか?
自分の求めている車だったでしょうか?

今は、動画で公開してくれているので、大変参考になりますね。

買ってからここが違ったなど、特に多い悩みですからね。
しっかりと時間を掛けて動画を見て失敗のない自動車選びをしましょう。

今回のフィットハイブリッドは評価が非常に高いです。
動画を見ているだけでも欲しくなってしまいますね。

スポンサーリンク

【フィットハイブリッド】試乗口コミをまとめ。様々な意見に耳を傾けてみよう。


引用:https://b-cles.jp/car/nebiki/fit_nebiki.html

【走行性能】
走り出して一番に思ったのは、ブレーキが良く効く事。後、静粛性はいいと感じた。
また、ハンドルは軽く、フィーリングもいいと感じた。

エンジンに無理のない範囲で走るのであればどの速度域でも素直で運転しやすかったです。
気がついたら速度出ていること多かったこと考えると足周りはかなり良くできているのではないかともいます。
試乗中ブレーキの癖だけはつかみづらかったです。おそらくモーターが入っているギアが違うせいだと思いますが、街乗りでは素直なブレーキで、高速などでの減速では踏み出しの効きが街のりより弱く、回生ブレーキに癖がある印象でした。メーター読み100kmまでの加速は素晴らしいです。
そのあとはあまり延びない印象だったのが意外。
モーターアシストもそこからは効かせづらいのか素のエンジン性能になる印象でした。
でも十二分に速いです。

流しているときはいたって普通というか、必要十分なパワーだし違和感はまったくないのだが、
アクセル踏み込むと、CVTのようにエンジン音と加速度が一致しない不自然な感覚に感じた。
排気音をいい音にしてるわけでもなく、単にうるさいだけなのでよけいにそう感じたのかもしれない。
FIT2 HYBRID RSよりパワフルなはずなんだが、スムーズに加速するせいか、気持ちよさが少ない。
実はHYBRID RSが時代遅れのドッカン仕様なだけなんだけどね・・・。
システム出力は上のはずなんだが、ちょっと期待はずれだったなぁ。

遮音ガラス採用が効いているのか、走行中静かだと思いました。
DCT特有の低速時のギクシャク感はまったく感じませんでした。
幹線道路でACCを使ってみましたが、速度アップが少し遅いかな。 もっときびきび反応して欲しいです。
前が詰まったときの自動減速は非常にスムーズで安心感がありました。

国産コンパクトではトップクラスと言っていいレベルにあると思います。ホイールベースが短いわりには直進安定性が高く、ハンドリングの応答性にすぐれ、駐車時などの取り回しもいいので、運転がとてもラクです。ただし、こちらもやはり、世界を見渡してポロと比べてしまうと、すべての面で2ランクほど下。国内でもスイフトスポーツやデミオ XDあたりと比べて、総合的な走行性能は劣ると思います。とはいえ、フィットHVには室内空間の広さという強力な武器があるので、ファミリーユースでは競合優位と言えるでしょう。

静粛かつパワフルで、秀逸な仕上がりだと思います。先代モデルまでのややジャジャ馬な感じがなくなり、上品なパワーフィールになっています。モーター駆動で時速20kmくらいまで加速し、そこから1.5Lエンジンの豊かなトルクに乗せれば、巡航速度にすぐに到達し良好な燃費が維持できるので、なかなか扱いやすいです。アクセル操作のレスポンスもまずまずで、高速道路の合流や追い越しでも問題がなく、車重に対して十分なパワーがあるので、ロングドライブも疲れにくいです。変速時のギクシャク感もかなり解消されていますが、デュアルクラッチトランスミッションの完成度は、この機構を備えたコンパクトカーのベンチマークとも言える、ポロにのそれに比べると、まだまだ程遠いと感じました。

ホンダらしい元気なエンジンで全く不満は有りません。アクアやノートe-powerだとエンジンが、へぼいエンジンだったので、試乗した結果、フィットHYBRID L Honda SENSINGにしました。音もなかなかスポーティに仕上がっていていいです。

とても良いです。加速したいときに思い通りにコントロールできます。ノートe-powerだと、この辺が全く駄目だったんです。加速はまあまあだったんですが、ドライバーの意図しない時にエンジンが唸っていて…
フィットはコーナリングも良く加速もいいし、コンパクトカーの中でもトップクラスのコントロール性能です。
遮音性も高く、(Sだともっと静かです。)申し分ないです。

【乗り心地】
185/55/16のタイヤで、コーナーを攻めたときの硬さはあるし、逆に、普通に走ると、それなりにソフトになるサスも改善されていいと感じた。GE8と比較して、かなり改善されたと思う。

よい。 FIT1、2のドタバタはどこにいったのっていう位、かなりよくなってます。

先代までのフィットと比べると、かなりよくなっています。硬めの乗り味はこれまでと似た傾向ですが、3代目はかなり静粛になり、振動や突き上げもよく抑え込まれていて、重厚でジェントルな乗り味になっています。Lパッケージなどシートが上質なグレードなら、ロングドライブも快適に楽しめそうです。しかし、これがワンランク上のCセグメント車にも劣らないかと問われると、即答でノーと言わざるを得ません。まだまだ振動も突き上げも強いので、車体剛性だけでなく、サスやタイヤにももっとこだわったほうがいいと思います。

自分はとてもいいと思いますが、同乗者がなんというか気になります。

【エクステリア】
迫力を増したフロントバンパー、意味のないダミーダクトが気になってた形状が変わったリアバンパーや眼つきが鋭くなったアイライン等ホンダはいつも後期型が一番いい感じになるから、初期モデルは我慢して買わない方がいいといつも感じる。

国産コンパクトカーとしてはセンスよくまとまっていると思います。シートやダッシュボードの質感がよく、オールタッチパネル操作のインターナビでまとめれば、統一感もバッチリです。制限速度や平均燃費などが表示されるメーター周りも情報がよく整理されていて見やすく、収納性なども十分です。また、フィットの大きな魅力として欠かせないのが、室内空間の広さや見切りのよさです。競合車と比べると、クラストップのノートよりやや前席と後席の空間が狭いですが、そのぶん高さがあるので、小さなお子さんのいる家庭など、ファミリーユースでも窮屈さを感じにくいでしょう。先代モデルと比べても、Aピラーが運転視界の妨げになるシーンが少なく、気持ちよくドライブできる点が評価できます。

落ち着いていて好きです。
収納も多く、後部座席も広く結構いいです。

車を購入する際に値引き金額から50万円安く手に入れる方法とは?

 

 

などなど、購入に当たって悩みは尽きません。

いざ、ディーラーや販売店に行ってしまうと
下取りと値引きで納得して購入してしまう事が良くあります。

車の査定なんて自分では、分からない事です。
当然、相手のセールスマンは、プロです。

一般人がプロに勝てる事は、先ずありません。
大抵の場合は、話に乗せられて納得させられてしまうものです。

購入してしまえば性能の良さに納得して満足してしまうものです。
でも、車は高い買い物です。

多くの方が無知なだけに大きな損をしています。
大きな金額を払うだけにこの裏技を使った方が絶対にお得に購入できます。

下取りには必ず一括査定サイトを使う!!

下取りは、ディーラーに依頼するのではなく、
「一括査定サイト」を使う事がお得に購入する方法です。

一括査定サイトを使うメリットは、
大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競い合ってくれます。

スポンサーリンク
おすすめの記事